いつ大人になるのか

我が家では、可能な限り「子供だからダメ」「大人だからいいの」とは言わないようにしています。 理由はただひとつ、私自身がまだ、大人の実感がないからです。 精神的に子供みたいな私だけが、大人ぶって我儘を許される、というのはなんとも不公平な気がし…

制限付き人権

最近、人権、人権と五月蝿いが、人権を制限した方がいい場面もあるんじゃないか。人権とは「人の権利」だから、義務を果たさないうちは、制限しても良い気がする。 だから子供は選挙できないとか、権利が少ないと理解しているんだが、不思議なことに大人にな…

変な名前と社会性の欠如

ソチの名はキラキラなるか? - yamaheiのブログ 就職活動では、いわゆるDQNネーム、キラキラネームは、書類で落とされるとか落とされないとか。 でもスポーツの場合、結果ありきの選考だから、ある意味公平な判断が下される。 変な名前って、本人がつけた訳…

成長に必要なもの

頑張ってるつもりなのに、上手くなってる気がしない時期は誰にでもある。 反対に、ちょっとした気付きをきっかけに目の前が開けて、なんであんなに苦労してたんだろ?ってなることもある。成長とは、ちょうど階段のように、ある日カクッとレベルアップするも…

"a"でGoogle画像検索した結果がやばい

悪気はなかったんだ…。 PCの再起動待ちで暇だっただけなんだ…。 【閲覧注意】a - Google 検索 ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)作者: 夢野久作出版社/メーカー: 角川書店発売日: 1976/10メディア: 文庫購入: 49人 クリック: 1,605回この商品を含むブログ (381…

ソチの名はキラキラなるか?

赤子が寝てくれないので、抱っこしながらテレビを見ていた。たまたま、ソチオリンピックの特集をやってて、日本人のラージヒル出場者5人を紹介していた。 その中の一人の名前が目に付いた。 清水 礼留飛 読めねーよ。 ネットで調べる前に、一緒に見ていた嫁…

ブログを始めて3カ月経った

どこだったかのブログで、まずはとにかく3カ月毎日書け、話はそれからだ、と書いてあったので、とにかく書いてみた。しんどかった。苦労を重ねて見えてきたこと、それは結局、文章力がモノをいうということ。 起承転結、尻切れトンボにならない構成の文章を…

オフシーズンのサンタ

会社のベランダでタバコ吸ってたら、眼下を歩く人に目を奪われた。サンタだ。 長いアゴヒゲとハゲ散らかした長髪は真っ白。 赤いフリースに身を包んだ姿は間違いなくサンタクロース。 ジーパンにサンダル履きで、自転車を押して歩いていた。不意に立ち止まり…

セクシーなブス

外を歩いていると、華やかな女性に目を止めることがよくある。 所作にも服装にも、若さが溢れ返っていて、眩しいような心持ちについ目を細めてしまう。ふと我に返り、視線を女性の顔に移した時になって初めて気付くことがある。あぁブスの人か、と。若さとは…

超々入門 プログラムはどこで動くか

超々入門 プログラミングとは - yamaheiのブログ 音楽プレイヤーでは、道具として使いやすくするために、コンピュータ本来のパワーが制限されている。 でも本当はもっと色んなことができる。 ただ、あまりにも色々できるために、すべての機能にボタンを割り…

新商品を作ろう

「新しい」のスローガン化による思考停止を憂う - yamaheiのブログ 試行錯誤の結果、こんな方法で実現できます!ってのが世間的に斬新だったとしても、社内的には、研究して知り尽くして、手順が確立された「社内的」に「常識」じゃないと、利益を乗せて現実…

「新しい」のスローガン化による思考停止を憂う

自称インターネットベンチャー、実質人材派遣の会社に勤めている。 サトシ社長はゲームに夢中、俺たちポケモンは消耗中 - yamaheiのブログ みんなでアイデアを出し合って、ヒット商品を作ろう、と言うありがちなスローガンの下、下請け仕事に精を出している…

超々入門 プログラミングとは

我々の生活の至る所に、コンピュータが隠れている。 それらのコンピュータはちっちゃくても、本当はすごいパワーを秘めているんだ。音楽プレイヤーを考えてみよう。 この中にもコンピュータは隠れている。 だいたい、「▷(再生)、□(停止)、>>(進む)、 …

学業と出産

不完全同士の結婚でいい - yamaheiのブログ 未熟であることを理由に、結婚をためらっても良いのは第二次成長期までの話で、パートナーさえ見つかれば結婚は早いほどいい。 だから、第二次性徴の数年後には結婚していた昔にも、合理性はある。 現代の結婚が遅…

不完全同士の結婚でいい

夫婦はね!お互い高めあってくものなの! - コピペ運動会 夫婦はね!お互い高めあってくものなの!私の料理が美味いていうなら、それはお父さん(義父)のおかげなの! こんなに美味しい嫁子さんの料理が不味いっていうなら、あんたがその程度の男ってだけよ!…

入り口にたまる人々

なぜ電車で「中ほど」まで進まないのか 〜気の利かない人が増えた理由〜:日経ビジネスオンライン ━━ 満員電車で都心へ通勤している方であれば、1度は「電車の中ほどまで進まない人」にイライラさせられた経験があると思うんですが。 川西:そう思います。私…

オー、レス・ギャップ

ネックレスとニップレス、同じレスで何故こうも違うのか。ニップレス目線でネックレスを見ると、もうちょっと隠してもいいんじゃないか、という気がする。ネックレス目線でニップレスを見ると、恥ずかしがらずにもっと出して行こう、と応援したくなる。 英語…

結婚相手の選び方

相手を選ぶ基準と、幸せな結婚生活を送るために重要なこと 結婚相手を選ぶ基準は、信用できる人間かどうかだと思っている。でもそれを基準にしている人が少ないことに最近気がついた。外見の好みや、一緒にいて楽しいかどうかや、話題が合うかどうかなど、選…

人間を人間扱いしなくなる瞬間

過去に人間力の必要性に触れた記事を書いた。 人間力が試されやすくなっている - yamaheiのブログ 管理者と芸術家と奴隷の未来 - yamaheiのブログ どんなに技術が進歩しても、それは人間のためであり、人間社会が豊かにならなければ意味がない。 だから人は…

ネットは金持ちの道具、貧乏人の娯楽になる

最近は、インターネットの魔法のおかげで、何でも無料で手にすることができる。 しかし実際には、そういう風に見えるだけで、誰もがコストを負担している。例えば、オンラインゲームのお客さんは課金ユーザーだ。 無料ユーザーは客じゃない、客寄せパンダだ…

ネスケからスマホぐらいの先を読む

Windows95からそろそろ20年。 誰もがスマートフォンを片手に、ネットをダラ見する時代が来るとは、当時誰に予測できただろう。でも考えてみると、あの当時から日本人は小型化の名人で、PCも無線技術もあった訳だ。 そういう意味では、絶対に予測不可能だった…

バイク復活の兆し

暗黒時代の終焉 - yamaheiのブログ 建前上、参考出品の体でR25と名乗ってはいるが、細部のパーツ選択からは、市販化を意識していることがビンビン伝わってくる。 海外では定番の人気車であるYZF-R125の実績があって、ウィンカーまで付けているのだから、YZF-…

クジラくっても いいじゃないか いぶんかだもの

日本人はそろそろ捕鯨が与える相当やばい国際的イメージに気づくべき 「イルカが殺される追い込み漁の非人道性について深く懸念しています」非人道性だよ。英語の方では「inhumaneness」だよ。そんなことするのは人間じゃないって言ってるのよ。 人道性って…

暗黒時代の終焉

ここ20年間は、日本のバイク業界にとって暗黒時代だった。1980年代のバイクブームの終焉に始まり、バブルの崩壊。 1990年代後半に本格化した排ガス規制の影響で、スポーツバイクからスクーターまで、軒並みパワーダウンを強いられた。 途中、スカチューンや…

ネットの海の幸を有益な情報として整理できないものか

ネット漂流の唯一の戦果が重荷になっている - yamaheiのブログ 一番容量を食っていて、分類もあやふやなのがネットで拾った動画だ。 二番目に容量を食っていて、分類もあやふやなのがネットで拾った音楽だ。 三番目に容量を食っていて、分類もあやふやなのが…

ネット漂流の唯一の戦果が重荷になっている

PC内のデータを整理している。一番容量を食っていて、分類もあやふやなのがネットで拾った動画だ。 二番目に容量を食っていて、分類もあやふやなのがネットで拾った音楽だ。 三番目に容量を食っていて、分類もあやふやなのがネットで拾った画像だ。ほとんど…

戦争アレルギー広島の平和学習

広島は歪んだ平和に侵されている気がする。長女が幼稚園だった頃、ふいに口にした内容に耳を疑った。 日本は外国にいっぱい意地悪したんよ。 いっぱい人を殺して、悪いこといっぱいしたから、爆弾落とされたんよ。 オイオイ、何を言っているんだ。 話を聞い…

つらくないインフルエンザ

生まれて初めて、インフルエンザと診断された。熱は37.4℃、ちょっと関節が痛いけど、仕事に行けない程でもない。 ただ、鼻の奥が腫れて堪らなく痛いので、有休を取って病院に行った。実は一昨日は長女が、昨日は次女がインフルエンザと診断されている。 その…

見合い制度に付随していた社会システム

ある年配の方が「昔のお見合いという制度は一見封建的な制度に見えるかもしれないが - Yahoo!知恵袋 ある年配の方が「昔のお見合いという制度は一見封建的な制度に見えるかもしれないがこのシステムのおかげで年頃の男女の大半は誰でも普通に結婚することが …

貧乏人ほど一発逆転を狙う

人生の一発逆転という悲しい夢 - Chikirinの日記 その光景が異様にみえて、一緒に歩いていたその国の知人に「なんであんなにクジが人気なの?」と聞いたら彼が「クジ? 違うよ、あれは貧困層を狙い撃ちにした税金なんだ」と言った。吐き捨てるような口調だっ…