読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人になればわかること、大人になったら手遅れなこと

子供二人が同時にしゃくれ始めた。
可哀想だけど、骨格ばかりはどうしようもないと思っていたが、そうでもないらしい。

歯医者さん曰く、舌のポジションが低いのが原因だと。
舌が下顎を押して、上顎より発達が早くなっている。
まだ幼いので、舌の位置を矯正することで治る可能性が高い。
もう少し大きくなると、下顎を固定する器具?が必要になるので、費用が高くなるし、子供も嫌がる。
とのこと。

f:id:Yama-Hayha:20131117011216p:plain


ということで、このムーシールドという器具で舌の矯正から始めてみましょう。
だって。

f:id:Yama-Hayha:20090928195559j:plain


フーン、そんなもんなのかねえ。

ネットで画像検索したら、しゃくれ治療前後の写真がいっぱい出てきた。
しゃくれの横顔は口角が下がって魚みたいな顔つきになっている。
一方、治療後は口角だけでなく、頬のラインもふっくらと自然で美しい。

f:id:Yama-Hayha:20131117010722j:plain


子供でもしゃくれが醜いと感じるらしく、毎日せっせとムーシールドで矯正に勤しんでいる。
女の子だねぇ。

成長過程の子供だからできることなんだって理解するのは大人にならないと難しい。
でも、大人になったら手遅れなことも沢山ある。
今回みたいに体のことは説明しやすい。
問題は頭と心だ。

頭を使って考える楽しさや、それを正しく使える健全な心はどうやって育めばいい?

三つ子の魂百まで。
基本的に昔からの言い伝えって馬鹿にできない。
だって人間100年やそこらじゃ進化しないからね。
でも三歳までに教えられることってナニ?

もう答は出ている。
見せることだ。
健全な家庭の中で育てること。
赤子だけに手をかけるのではなく、家族が互いを思いやり助け合うこと。
真髄は愛。
北斗神拳と同じ。

朱に交われば赤くなる。
子育てとは我が子を我が家の愛色に染めることなんだ。

愛されてる子はたくましい―子育ては心育て

愛されてる子はたくましい―子育ては心育て