読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本では入手困難なニキビ薬の入手方法を興味本位で調べる

ニキビ、それは青春の象徴。
どこか甘酸っぱい切なさと共に甦る記憶。
俺には部活しかなかったけど。

今も昔もニキビはティーンの悩みの種だそうな。
ハタチ過ぎてからオロナインがよく効くことを知った。
ニキビに塗るんじゃなく、乗せる感じで盛って寝ると、翌朝には治っててびっくりした。

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 500g

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 500g


でも、ニキビが多く治りにくい体質ってのがあって、どうやっても治らないニキビに頭と心を悩ませる人がいるんだそうな。

先ずはドラックストアの市販薬を辞めて病院で薬を処方してもらうことをオススメする。
医師の診察に基づかない、素人でも選んで買える市販薬は安全のために成分が弱い。

ここまでが一般的なニキビ対策。
ここからは興味本位の調査。

きっかけは某掲示板の書き込み。
スレッドまでは覚えてないけど、以下のような書き込みを目にして、とりあえずテキスト保管。

299: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/29(火) 18:24:33.56 ID : IsfBfrA40
ちなみに俺ニキビ面


305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/29(火) 18:31:24.51 ID : N688I9Qy0
>>299
過酸化ベンゾイルを含んだクリームを輸入して試してもらいたい
日本では出してもらえない(入ってても雀の涙ほど)
アキュテインからクリアタッチピーリング
抗生物質ビタミン剤生活指導全部ダメだったのにきっぱり止まった
作用も副作用もデカイから危ないけど、一回嘘だと思って試してくれ


308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2013/10/29(火) 18:34:51.07 ID : 5rnHQiDJ0
>>305
ほう・・・興味深い
ちょっと調べてみるわ
ありがとね

薬の個人輸入ってクロじゃないの?と思いつつ、興味が沸いたので調べてみる。
「個人輸入」だとちょっと大げさに聞こえるけど「co.jp以外のAmazonで買う」だと、エイゴいけるかな?ぐらいにしか感じない。

Google翻訳で「過酸化ベンゾイル」「ニキビ」がそれぞれ「Benzoyl peroxide」「Acne」だと分かったので、「Amazon cream Benzoyl peroxide Acne free」とかで検索するといっぱい出てくる。

過酸化ベンゾイル2.5%配合

過酸化ベンゾイル5%配合

過酸化ベンゾイル10%配合


何気にAmazon.co.jpで「過酸化ベンゾイル」で検索しても出てくる。

アメリカ版 NEWプロアクティブ2ヵ月分 3点セット(マスクなし)

アメリカ版 NEWプロアクティブ2ヵ月分 3点セット(マスクなし)



ここで疑問。
何%が適正なの?

まず、有効濃度に関しては、種々のデータから低濃度で効果は十分という傾向を認めているようです。(これは同様の報告を、日本国内の先生が行っています)
濃度が高くてもニキビへの効果は大きく変わらず、寧ろ、副作用(刺激・灼熱感・皮ムケ)から使用出来ないケースが多くなるようです。

多けりゃいいってもんじゃないなら海外から仕入れなくてもいいじゃん…。
副作用も嫌な感じ。

小林製薬ビフナイトの「成分・分量」には記載すらされていない。
処方薬でも治らないほどひどい場合以外は無理して海外から仕入れない方がよさそうな気がする。

身も心もおっさんになった今となってはニキビ面でもいいんじゃないの?という気もしてくる。
10年、20年後にはニキビは消え、思い出だけが残っているハズさ!

アドルフ・ヒトラー―我が青春の友

アドルフ・ヒトラー―我が青春の友