読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大人の交友

先日のバイク関係の忘年会での出来事。

乾杯をして和やかに宴は進む。
今年の出来事の振り返りと来年の抱負を1人ずつ順番にしゃべりつつ、脱線しつつ、順番は浜さんへ。

ここで人物紹介。
3人とも、今日の忘年会に参加している。

浜さん

  • 古株の女性。
  • 美人ではないが細かい気配りのできる功労者
  • 40歳前後?

監督

  • 古株の男性
  • 某大会の広島代表選手たちを師事する監督
  • こちらも40歳前後?

マドカちゃん

  • 某大会参加が縁で入会した新参
  • 自分の大会に手一杯で貢献は特になし
  • 20代前半で可愛らしい

そして浜さんが話し始めた。

今年は色々あり過ぎて本当に大変でした。
監督とマドカちゃんがお付き合いしてるんですけど、マドカちゃんは監督と結婚したいんですって。
私、8月にそれを聞いて、2ヶ月もフタマタかけられてたんだって知ったんです。


オイオイ、すごい話するなあ。
マドカちゃんは若いからか、険しい顔をしていたけど、他の方々はリアクションなし。
浜さんの話が終わると何事もなかったかのように次の順番へ。

なんつーか、みんな大人ね。
危ない話はサラリと流して自分たちの楽しみまで壊してしまわない術を体得してる。
あえて言うならTPOをわきまえずにぶっちゃけた浜さんが一番子供っぽい感じに全力で押し戻した感じ。

その後の二次会にも監督、マドカちゃん、浜さんは参加。
みんな何事もなかったかのように接してた。
益々、浜さん余計なこと言わなきゃ良かったのにって気持ちになったのは俺だけなのか?
なんでみんなそんなに普通にできるんだ?

言わずにはいられなかった浜さんの気持ちも分からなくもない。
忘年会に参加しない、という選択肢はプライドが許さなかったのかも知れない。
浜さん、いい歳だもんな。

そんな訳で今日、初めて大人の交友関係ってヤツを実感した。
自分のプライベートを楽しむために集まってるんだから、他人のプライベートに構ってつまらなくする気はない。
学生みたいな友情は芽生えないってのはこういうことか。

しかし、なんで監督はモテるんだろう。
カラオケでアニメソング熱唱してる時しか声を聞いたことがない。
普段は寡黙というより目立たないようにコソコソしてて挨拶もろくにしないような男。
バイクは上手いけど人として男としての魅力はひとつもないと思うんだけどなあ。

強烈に惚れさせる方法―斜陽の季節の恋愛論 (Big birdのbest books)

強烈に惚れさせる方法―斜陽の季節の恋愛論 (Big birdのbest books)

広告を非表示にする