結婚は勝ち負けじゃない、という幻想

まだ結婚したくないとか、一生自由に暮らしたいから結婚しないとか、色んな理由で結婚していない人がいる。
中には結婚はしたいけど、経済的に…とか、出会いが…とかいう人もいる。

こんな人たちは、条件が揃えば結婚できると思っている人たちなんだ。
でも、結婚ってそういうものではないんだな。
むしろ条件なんて、あってないようなものだ。


結婚した後のことはおいて置いて、結婚する動機について考えてみよう。

僕たちはひとりじゃ結婚できない。
同じタイミングで、一生を共にし、二人の子供を産み育てよう、と決意した二人が結婚するんだ。
どんなに美しいお金持ちでも、相手にもビビッと電気が走らなきゃ結婚できない。
逆に、その一瞬さえあれば、誰だって結婚できる。

これは意図的にやることじゃなくて、動物の本能なんだ。
子孫を残す本能が相手を探させるんだ。
いい歳して結婚できてないってのは、要は動物としての本能も能力も低いってことだ。


人間も動物だっていうことを認められない人がいるけど、動物から産まれて、食って寝ているなら間違いなく動物だ。

それでも人間を動物だと認めたくないって?
でも、男が強さを求めるのも、女が着飾りたいのも本能じゃないのかな?
教えられてなくても、物心がつく前からみんなやってきたことだ。

文化とか人権とか、生死に関わらないところが発達しすぎて本当のことが見えにくくなっているのは認める。
先進国ほど少子高齢化が進んでいるのもそれを裏付けているように思う。

でも、僕らは動物なんだ。
優先順位は間違えちゃいけない。
最初に動物らしく、次に人間らしくあるべきなんだ。


結婚は勝ち負けじゃない、なんてのは勝者の謙遜か、敗者の言い訳、もしくは他人の同情だ。
これは勝つか負けるかの生存競争だ。

動物としての強さに恵まれなかった、なんて悲観しなくても大丈夫。
人間は、いや、動物はみんな、結婚するだけの力は持って産まれてきているはずだ。
だって、誰だって結婚する力のある二人からしか産まれることはできないんだから。

ほんのちょっとでも結婚が気になるあなたへ

ほんのちょっとでも結婚が気になるあなたへ

広告を非表示にする