読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

従業員に「経営者目線を持て」という真っ当な要求

 このように、「経営者目線」を強調しすぎると、労働者にとって利益になることは、ことごとく否定されてしまいます。

 ある部分において、経営者の利益と従業員の利益は、明確に対立しています。それなのに、従業員に対して「経営者目線」を持てと言うことは、利益を放棄しろと言っているのと同じことです。

 そうやって過度に「経営者目線」を持った結果、待っているのは、「社畜」として会社の都合のいいように働かされてしまう未来です。

なんと視野の狭いことか。
大衆を味方につけるためとはいえ、被害者意識を煽りすぎている。

経営者目線ってのは、「当社における」経営者レベルの仕事と、従業員レベルの報酬を強要する意味じゃないと思うんだが、いかがだろうか。

そもそも経営者の仕事は少数精鋭。
使い捨て前提の、被害妄想に取り憑かれたコマを頼ることなんてあり得ない。

それでも、経営者目線は必要だと思う。

会社はひとつの生き物みたいなもんだ。
規模によって見えにくいことはあるけど、全体でひとつの成果に向けて動いている。
会社が目指すものを、一丸となって達成するためには、経営者と従業員、みんなが同じゴールを目指さなくちゃいけない。
ピンハネ率がいくらであろうと、成果の一部が従業員の報酬になる。
じゃあ、会社が儲かるのは経営者だけでなく、従業員にとっても、いいことなんじゃないのか。

そして、これは従業員にとって一番重要だと思うことなんだが、経営者目線で仕事を眺めると、自分の仕事の品定めができるんだ。

これには2つ、メリットがある。
ひとつは今現在、会社が自分をどう評価しているのかが分かる。
そしてもうひとつは、会社がどういう成果を求めているかが分かる。

たいして期待されていないなら、そこそこの成果で、余暇を楽しむのもいいだろう。
会社の期待する成果を出すことで高評価も狙いやすいだろう。
評価と会社を天秤にかけて、折り合わないなら辞めればいい。
その時にも、重要な判断材料になるだろう。

今の会社に留まろうが、新天地を求めようが、目線の低い者はいつまでも被支配者だ。

育ちの悪い我々が金持ちの思考を手に入れるのは至難の技だ。
貧乏人の発想からの脱却が成功への第一歩だ。

強い会社は社員が偉い

強い会社は社員が偉い