ラーメンブームの呪縛と、満足する酔っ払い共

少し前のラーメンブームの影響か、ブーム以前に比べて、ラーメンの地位が向上した気がする。

中四国ってのは、長らくラーメン暗黒地帯?だったはずだが、有名チェーンの参入で、世代交代が進んだようだ。
まずい店が潰れてくれるのは嬉しいんだけど、問題は、新しくオープンする店。
どいつもこいつも、濃厚と固麺を推しすぎじゃないか?

あっさり目の醤油味、いわゆる中華そばが一番うまいだろ。

あと麺の硬さ。

火が通り切ってない小麦粉なんか、金を払って食うもんじゃない。
まるで砂を噛んでるような食感。
澱粉質は、しっかり火を通した方が、旨味が出るっての。
味わって食べれば、硬麺より柔麺の方が美味いことなんか、すぐわかるだろ。

濃厚王、天下一品の場合、地方フランチャイズはイマイチだけど、本場、京都の天下一品だと、デフォルトでユブユブの柔麺が出てくる。
濃いスープに負けない、麺の旨味を出そうと思えば、当然の選択だ。


美味い中華料理店のラーメンと、飲屋街のラーメン、もはや別の道を歩んでいるように感じる。
酔っ払いの〆料理は、味にこだわるよりも雰囲気と値段。
それも、程よく本格風に狭くて、汚くて、大将がタオル巻いてて、なおかつ、程よく安くなきゃダメ。
サラリーマンの自尊心を傷付けない配慮が大事で、味なんか二の次なんだろ。

シンプルで美味いってのは、実力が問われるんだろうな。
脂と濃い味のスープで誤魔化した方が、チェーン化しやすいんだろうな。
酔っ払いの〆料理としては、ニーズに応えられてるってことか。

実に嘆かわしい。

人気 ご当地ラーメン お試しセット 5店舗10食 らーめんセット (2食X5箱)

人気 ご当地ラーメン お試しセット 5店舗10食 らーめんセット (2食X5箱)

広告を非表示にする