読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の仕事のどこに価値があるのか

出版社側の主な主張は、紙の本が現在も刊行中にもかかわらず、原本がネット公開されていることに納得いかないということだった。

馬鹿か。

本の価値がその内容にあることは間違いないが、紙の本の魅力もまた、確かに存在している。
本当に良い内容なら、紙の本を手元に置きたいものだ。

そう、出版社も紙媒体という価値を生み出している。

電子で読む、紙で読む、朗読を聞く、どれも手段でしかない、いわば媒体だ。
本来なら、媒体屋であるはずの出版社が、新たな読書手段としての電子書籍に目をつけ、その立役者となっていてもよいはずだ。
それが、出遅れただけでなくケチつけてやんの。
どうせケチつけるならAmazonにでもしてみろっつーの。

現代の出版社というのは、著作者が生み出した価値ある内容を紙に刷って、本屋に売ってもらうだけの価値のない仕事しかできない連中だということか。

時代が変われば商売も変わる。
出版社に限らず、プロなら自分が提供する価値の本質を見極め、それを維持発展させる努力が必要だ。

サービスの現場には、「こういう場合はどうしたらいいのか?」という
グレーゾーンがたくさんあります。
そのグレーゾーンこそ、社員の仕事です。

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)

仕事の哲学 (ドラッカー名言集)

広告を非表示にする