読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見合い制度に付随していた社会システム

ある年配の方が「昔のお見合いという制度は一見封建的な制度に見えるかもしれないが

このシステムのおかげで年頃の男女の大半は誰でも普通に結婚することが
できた。

これと比べ現在は自由恋愛と言えば聞こえはいいが、異性にモテない人、
異性との交際に慣れてない人にとっては、いつまでたっても結婚できない
実に困った時代だ。

かつてのお見合い制度があれば少子化問題など起きなかっただろう。」と
言うのですが、ぶっちゃけどう思いますか?

ひと昔前から恋愛結婚が一般化したが、恋愛結婚は我々に孤独と不安をもたらし、未婚率の上昇と高齢化社会アダルトチルドレン増加の原因にもなっている、と思う。

まず見合いとは、相手を紹介する第三者が、結婚する二人に関与するものである。
そして、二人の両親は、紹介してくれた相手への義理と礼儀から、結婚生活を良いものにする義務が生じる。
つまり体面上の理由から、二人の結婚に対して両親が積極的に責任を持つ、ということになる。

責任を持つ、ということはつまり、目をかけ気にかけ、声をかけることであり、手を貸すことでもある。
家事育児に関わるのはもちろん、経済状況に問題があれば、人脈を辿って仕事を斡旋することもある。

嫁姑問題という言葉が生まれるだけに、全てが良いものとも言えないだろうが、少なくとも孤独ではない。
また、若い二人では持ち得ない人脈で仕事にありつける可能性があり、金持ちではないかもしれないが、明日に怯えるその日暮らしということもないだろう。


そして何より、当人以外が候補を選ぶということは、親子共々に社会的なチェックが行われるということだ。

紹介するに足る人間性かどうかは、当人よりもむしろ両親の人間性で計られる。
このため、両親にはそれ相応の社会的な振る舞いが求められる。
また、両人が結婚するに足る大人かどうか、両親を含めた第三者によって判断されることで、大人であることを要求する社会システムとしても機能している。
未熟な二人が我が子に対して引き起こす、痛ましい事件の発生率が気になるところだ。

今も昔も結婚が両人の意思によるものであることは同じであっても、意思を持つためのキッカケは昔の方が多かったようだ。
働き盛りの男性が、自力で相手を探すことは難しいこともある。
結婚したくない訳ではないのだけれど…という層の未婚率は、きっと今の方が高いと思う。


恋愛結婚が悪くて、見合い結婚が良い、というものでもないとは思うものの、付随する社会システムを補完しきれていない危機感があるので、とりあえず見合い制度を復活させるのが手っ取り早いのではないかと思う。

親のための子供の婚活応援ガイド―お子さんを必ず結婚に導く実践ガイド

親のための子供の婚活応援ガイド―お子さんを必ず結婚に導く実践ガイド

人に喜ばれて収入を 仲人士という仕事

人に喜ばれて収入を 仲人士という仕事

広告を非表示にする