結婚相手の選び方

結婚相手を選ぶ基準は、信用できる人間かどうかだと思っている。

でもそれを基準にしている人が少ないことに最近気がついた。

外見の好みや、一緒にいて楽しいかどうかや、話題が合うかどうかなど、選ぶ基準には色々あるが、その前に、その人が信用できるかどうかでフィルターをかけてはどうか。

この感覚は、結婚しないと実感できない真理だ。
だから、みんな結婚に失敗する。

夫婦は信じあえないと幸せになれない。
だから、お互いが信じてもらうに値する人間であり続ける努力をしなくちゃいけない。

試しに、相手を信じている自分と、疑っている自分を想像しながら、次のセリフを読んで見てほしい、

君を愛しているから、僕は浮気なんてしない。
本当だ、信じてくれるよね。

同じセリフを同じ相手に言われても、聞く人の心持ちで印象は正反対になる。
だかろ、どんなに誠意を尽くしてくれる相手と結婚しても、自分が嫉妬深い、猜疑心の強い人間だったら、信頼関係は維持できない。

夫婦になった後は、相手をひたすらに信じる続けること、信じてもらえる自分であり続けること以外に、選択肢はない。

これを踏まえて、最良の結婚相手を選ぶ基準は何なんだろう。

「きれいだな、おいしいな、うれしいな」ということが同時に感じあえる環境が一番大事。だから、「好きです、嫌いです」という言葉ではなく、いい言葉を使っている子は好きになれる。「あの人ならこの言葉は好きだろうな」と思った言葉を何気なく使っているときの方がドキンとします。「あなたが好きです」というのは最悪な言葉です。

価値観が近いに越したことはないが、それよりも異なる価値観でも、時間をかけて話し合い、分かり合う努力のできる人がいい。
信頼と愛情は積み上げるものだから、そうしているうちに、信頼関係と深い愛情が育つだろう。

実はそうなんだ。
愛してるから結婚するんじゃない。
育むことで愛し合うんだ。
だから、諦めたり見捨てたりさえしなければ、自然と夫婦は愛し合うようになるものだ。

だから、一時の感情に身を任せてしまう人だけは、やめておいた方がいいだろう。
逆に言えば、理性を持って話し合える人なら、誰でもいいってことだ。

青臭い憧れや理想が、それを肯定できないだろうが。

結婚を考えはじめた女(あなた)へ

結婚を考えはじめた女(あなた)へ

誰と結婚しても幸せになる法

誰と結婚しても幸せになる法

広告を非表示にする