入り口にたまる人々

━━ 満員電車で都心へ通勤している方であれば、1度は「電車の中ほどまで進まない人」にイライラさせられた経験があると思うんですが。


川西:そう思います。私自身、丸ノ内線で通勤していますが、乗車の際にドア付近で意味なく立ち止ろうとする方を頻繁に目にします。通勤時間帯の電車の混雑が激しいのは仕方がない面もありますが、よく見ると中央付近にそれなりのスペースがある車両は少なくない。皆が積極的に奥に詰めるようにすれば、少しは通勤環境も改善するはずです。

昔「田舎モンは入り口にたまる」と聞いたことがあるけど、田舎モンに限った話じゃないのね。
リンク先ほど真面目に分析するのほどのこととも思わないけど。

でも確かに、出口の左右にへばりついて降りる人の邪魔になってても、必死に身を縮めてその場を死守しているような人を見かける。

座席でも同じことが言えるんだけど、こういう人たちって、偶然手に入れたそれらの場所を、自分の権利か何かと勘違いしているんじゃないか。
ああ、花見の場所取りなんかでも同じかもしれない。

ギブ&テイクならぬゲット&ディフェンス。
公共心の欠如とも言えるが、全体としてプラスにすることが、結果として自分にもプラスになって返ってくると考えられない、視野の狭さとも言える。
自分の小さな世界の中では必死なのかもしれないが、離れてみているとその滑稽さがよく見える。

先人たちは、こんな連中を表すための言葉まで、我々に残してくれている。

君たちはみっともない。

公共哲学とはなんだろう―民主主義と市場の新しい見方

公共哲学とはなんだろう―民主主義と市場の新しい見方

広告を非表示にする