読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超々入門 プログラミングとは

我々の生活の至る所に、コンピュータが隠れている。
それらのコンピュータはちっちゃくても、本当はすごいパワーを秘めているんだ。

音楽プレイヤーを考えてみよう。
この中にもコンピュータは隠れている。
だいたい、「▷(再生)、□(停止)、>>(進む)、<<(戻る)」の4つのボタンがあるよね。
これだけあれば、音楽を楽しむことができるし、音楽プレイヤーとしては十分。
むしろ余計なことができないのも、道具としては重要なことなんだ。

音楽プレイヤーでは、道具として使いやすくするために、コンピュータ本来のパワーが制限されている。
でも本当はもっと色んなことができる。
ただ、あまりにも色々できるために、すべての機能にボタンを割り当ててたら大変だ。
だから、言葉で命令するんだ。

そう、それがプログラミング言語だ。

人間がコンピュータにやらせたいことを指示書にまとめるんだ。
ただ、コンピュータにわかる言葉で書かなきゃいけないから、取っ付きにくいのは認める。
でも文法は難しくないから、誰だってすぐにできるようになる。
一度正しい指示書を書けば、コンピュータは延々と指示に従ってくれる。
それも凄まじいスピードで。

これでプログラミングの雰囲気は掴めたと思う。
後は、指示書の書き方が分かって、その指示書をコンピュータに伝える方法が分かれば、もう自由自在だ。

小学生からはじめるわくわくプログラミング

小学生からはじめるわくわくプログラミング

プログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラムの基礎知識

プログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラムの基礎知識

広告を非表示にする