成長に必要なもの

頑張ってるつもりなのに、上手くなってる気がしない時期は誰にでもある。
反対に、ちょっとした気付きをきっかけに目の前が開けて、なんであんなに苦労してたんだろ?ってなることもある。

成長とは、ちょうど階段のように、ある日カクッとレベルアップするものだとは思っていて、「点と点が線でつながる瞬間」と表現していた。
それに気付いてからは、「まだ点が集まってないだけ」と成長を焦らなくなった。

成長とは、持っていないものを手に入れるのではなく、すでに持っているけど気づいていないものを、周りとの関係性から見いだしていく作業です。


これを読んだ時、息を飲んだ。

そうなんだよ、これだよ。
集まった点がいつ繋がるのか、そこがモヤっとしていたけど、分かった気がする。
「自分が」身に付けたモノの応用の方法に「自分で」気付くことなんだ。
長年、言葉にできなかった感覚を言い表してくれたことに感謝。

我武者羅に手を動かすのも良いけど、立ち止まって、もっといい方法があるんじゃないか?と、頭を巡らせる時間を積極的に作ろう。
その方法を見つけるたびに、引き出しの中身はより輝くだろう。

なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?

なぜ、「頑張っている人」ほど、うまくいかないのか?

広告を非表示にする