2009年6月26日、マイケルジャクソンの訃報に際して

2009年6月26日、マイケルジャクソンの訃報に際して書いたテキストが出てきたので公開します。
内容は原文のままですが、途中、映像を挟んでみました。

マイケルジャクソンが死んだ。
ようやく彼は天才に必要な最後の条件を満たしたのだ。
子供から大人へ。
黒人から白人へ。
人間から神へ。
伝説は神話となり、彼の今後の偉業は人間の俺には仰ぎ見ることすらできなくなった。
でもそれを残念とは思わない。
なぜなら人間レベルでの偉業は20世紀のうちに達成を終えていたのだから。


Michael Jackson - Thriller - YouTube

ネットで彼の後半生を不幸と評した書き込みがあった。
幸せかどうかだって?
天才でありながら生涯美しいものを目指し続け、求め続けた彼の生涯が幸不幸という基準に左右されたとでも言うのだろうか?


Michael Jackson - You Are Not Alone - YouTube

妥協なき美しさの探求が人々を熱狂させ魅力した。
それを歌と踊りで表現しようとしていた前半生、彼以外の人間は彼を最高だと感じた。

だがそれは彼にとっての最高じゃなかった。


USA for Africa - We Are The World ( Original ...

次々とヒットを飛ばした一面は、自分を更なる高みへと望み続けた結果の一面でしかない。
その事実を認めなければ彼の死の後には安っぽい追悼しか残らない。
それでは惜しい、あまりにも惜しい。
だがしかし残された我々にできることは結果を受け入れることしかない。
今後、天才ではない我々の総意として、人間は彼の死を偉業をどう扱うのだろうか。


Michael Jackson - This Is It - YouTube

兎に角、天才は死に、ジャクソンは釈尊になったって訳だ。
いや、なってないか。
頭チリチリじゃなくなってたし。

You're out of time.

ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]

ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]