読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せなミイラになりたい未来

先日の夜のこと。

子供たちを寝かしつけ、久しぶりに夫婦二人の時間。
どういう話の流れをだったか、妻が「そのうちテレビから匂いがするようになるんかね」と言いました。

うーん、どうだろう。

確かに、プリンターインクのように、匂いカートリッジを入れておけば、様々な匂いを再現する技術は不可能ではなさそうですが、それを視聴者が望むか、と考えると、疑問が残ります。
料理番組の美味しそうな映像と匂いを堪能して、視聴者には空腹だけが残るようでは魅力的とはいえません。

それだったら、脳波をコントロールする方が良いのでは?と思いました。
最近の研究を見ていると、意外と近いところまで来ているようです。


視聴者?はヘッドセットを装着して、現場の体験と同じ電気信号を脳に送り込めば、本番さながらの擬似体験を味わうことができる技術。
美味しい料理の匂い、味、食感、そして満腹感だって再現できそうです。


ここまで想像して、ハッとしました。


アダルトビデオに革命が起きる!


男優の脳波を擬似体験する、という需要は間違いなくあるでしょう。
でもそれは、既存の市場です。
開拓が遅れている残り半分、つまり女性たちに対して、女優の脳波をコンテンツとして提供できます。
さらに、脳波だけなら、逆の性を体験することも可能になるのです。


これはヤバイ。


再生と蓄積が可能な快楽を得た人間は、どうなってしまうのでしょう。
痛みや悲しみ、苦しみもない、お腹も空かない脳内の楽園。

幸福感に包まれながら干からびて死んで行く事件が続発しそうな予感すらします。
これはまるで、かのSF作品が暗示した未来のようです。


映画「アバター」の仮想体験に没頭しすぎて痩せ細る主人公


映画「マトリックス」の生ける電池として電脳世界に生きる人間たち

マトリックス・アルティメット・コレクション 〈10枚組〉 [DVD]

マトリックス・アルティメット・コレクション 〈10枚組〉 [DVD]


これらの作品は突拍子もない作り話ではなく、思っていた以上に我々の未来の線上にあるのかも知れません。

広告を非表示にする