読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良猫に餌をやる愚

猫好き、と呼ばれる方々がいます。
特にインターネットの世界では、犬好きよりも声が大きいようです。

職場の事務員さんも大変な猫好きだそうで、いつ猫に遭遇しても遊んでもらえるように、夫婦揃ってカバンの底に猫缶を忍ばせているそうです。
彼女の猫が好きな気持ちを否定する気はありませんが、猫好きを自認するなら、野良猫だけは可愛がってはいけない、とお伝えしました。
これは全ての猫好きの方々にも申し上げたいことです。

具体的にどう可愛がってはいけないかと言うと、撫でてはダメ、抱くのは論外、餌を与えるなどもってのほか。
それは愛ではなく、無責任で未熟な自己満足です。
最悪の場合、愛する猫をたちを死に追いやる恐れがあるので、金輪際辞めていただきたい。

「野良」は「野生」ではありません。
人間社会に付かず離れず、その余剰を掠めて口に糊する、いわば日陰者です。
猫は綺麗好きな生き物ですから、野良でも良い毛並みを保っているものもいます。
しかし実際には、予防接種も受けず、ノミも自力では取れない彼らは、人間社会では病原菌の媒介者です。

ちょっと戯れた拍子に歯や爪が立てば、人間に怪我を負わせる恐れがあります。
大人たちが、人間社会が、これを問題視すれば、一斉駆除の憂き目に会うのは彼ら野良猫たちです。

何を大げさな、と言うなかれ。

地方都市を取り囲む中途半端な田舎には、栄養事情の悪さからか、皮膚病を患う野良猫が沢山います。
そしてこの地域には、野良猫に対して無慈悲で、体力もまだ十分にあり、そしてお金と時間に余裕のある年寄りが沢山います。
地域に多大な影響力を持っている彼らにとって、野良猫は可愛い孫を傷付ける、危険で汚い生き物でしかないのです。
ひとたび彼らの逆鱗に触れれば、自治体をも動かし、地域一丸となって野良猫を駆除することでしょう。

人間社会に限って言えば「共存」とは、社会的に責任の取れる者、つまり人間の管理下で生きることを意味します。
つまり、ペットとして一般家庭で飼われるか、見世物として動物園に飼われる以外に、生命を保証する術がないのです。
人間の管理下にない彼ら野良猫は、人間に慣れるほど駆除される可能性が高まります。
人間を恐れ、夜中に人知れずゴミ箱を漁るぐらいが丁度いいのです。
野良でも天寿を全うさせてやりたいと思うのであれば、怪我させない程度に攻撃を加えて、人間に寄り付かないようにしてやるのが、本当の愛なのです。

たかが猫、と思えない全ての方に、重ねてお願いします。


【Amazon.co.jp限定】 うちの猫ら3 ポストカード5枚セット付き

【Amazon.co.jp限定】 うちの猫ら3 ポストカード5枚セット付き

広告を非表示にする