読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい趣味ができました

とはいっても、一年近く過ぎていますが。。

新しい趣味は漫画です。
漫画をたかくんと二人で作り上げる過程が面白いのです。

ちなみに、たかくんは高校からの友人です。
当ブログの開設式に祝電をくれた彼です。
yamahei.hatenablog.com
まあ、それはいいんですけど。

きっかけはとある大型連休でした。
たかくんとテニスと洗車をする予定の一日だったのですが、あいにくの雨。
二人で暇を持て余していました。

ご飯も食べて、ゴルゴ13の回し読みにも飽きて、いよいよ何もすることがなくなってしまいました。
その時、

漫画書いてみよっか?

といったのが私だったのか、たかくんだったのか、全く思い出せません。

でも、手元に無地のB5ノートと筆記用具があったこと、昨夜二人で観たコブラの印象が強烈に残っていたことを覚えています。

コブラ [DVD]

コブラ [DVD]

さて、まだ観ていない人は記事イントロのピザはなんだろう?と思うでしょう。
仕事を終え、帰宅したコブラがまずするのがピザを食べることだった。
ハサミでワイルドに切り取るところをマネした記憶があったのだが、再見してみると、すでにカットしてあるピザをちょっと切って食べるというかなりみみっちい方法だったのに驚く。
でももっと驚いたのは、同時進行で銃の手入れをするのだが、そのときの道具をタマゴのパックに入れてあったこと。
なんで?ダサいんですけど・・・と一瞬思ったが否!断じて否!!
これはスタローン的にカッコいいことなのだ。

映画をつなげて観るブログ : カッコいいことは『コブラ』で学んだより引用


その場はなぜか盛り上がり、さっそく漫画の制作に取り掛かったのでした。
テーマは「ハードボイルド」。

私が1ページ書くたび、たかくんが読み、話の展開や設定、セリフなどコメントする、というスタイルで書き進めていきました。

なんだこれは…面白い!

二人がぼんやりと共有している「ハードボイルド感」と、その場の雰囲気で物語が作られていく過程がとても楽しい!
そんなこんなで連休中に1.5話ぶんのオリジナルハードボイルド漫画ができたのでした。

そして、連休は終わったものの、書ききれなかった0.5話の残りだけはどうしても終わらせたい。
ということで、大阪-広島間でメールを使っての執筆が行われることになったのでした。


ところで、学生時代の友人と久しぶりに電話で話したのに、なんだか話が盛り上がらないことってあるじゃないですか。
どんなに親しい間柄でも、同じ場を共有していないがために、どことなく冷めた笑いしか出てこないような日ってあるじゃないですか。
電話が終わった後で、離れていること、大人になったこと…改めて感じて少し寂しい気持ちになったりして。


そんなあなたにも、漫画をおすすめしたい!

漫画1ページを書くのって、雑な鉛筆書きであっても30分はかかります。
話の筋を考えていたら1時間でも足りない。

それでも、読者は気心の知れたたかくん。
きっとこれなら笑う…どうだ!と放つ渾身の一撃。

コミュニケーションの密度が段違いなんです。

盛り上がらない会話を何とかフォローするような、白けさせたくない義務感のような気持ちは全くありません。
執筆、そしてリアクションの最中とは、話さずして相手と話しているんです。
きっとたかくんなら、俺たちなら…そう信じたあの頃と同じ気持ちで語り合っているんです。

これが面白くないわけがない。

いつでも繋がれるからこそ、雑なコミュニケーション、薄いコミュニケーションになりがちな現代。
手紙の良さは書いてみないとわからない。
届いたかな?返事はまだかな?
漫画の、否、マン・コミュニケーションの楽しさも、書いてみないとわからない。
読んだかな?笑ったかな?

現代社会が抱える孤独や寂しさを感じたとき、このことを思い出して欲しい。
どこの馬の骨が書いたのかわからない、ヘタウマな画像がワンクリックで届くことがコミュニケーションですか?


断っておきますが、私たちは特に漫画、絵、物語に関して優れた能力があるわけではありません。
なぜ漫画を描こうと思ったのかもわかりません。

そして今、一つの疑問が沸き上がっているのです。

俺たちが(過程を)こんなに楽しんだ(結果の)漫画は、他の人から見て作品といえるのか?

ということで、思い切って公開してみようと思うわけです。


えー宣伝かよーとか
うまいって言ってもらいたいのミエミエでキモイとか
そういうのではないです。

pixivのアクセス解析みてたら大体わかります。
あ、あんまり受け入れられてないな、って。

今回は漫画を見せたいのではなく、マン・コミュニケーションの楽しさをお伝えしたいのです。
自分的にすごい長文なので、ここまで語っておいて漫画は秘密かよ~
というのも何だかな~

ということで、一応、公開するのです。
悪しからず。

www.pixiv.net

広告を非表示にする