読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ誰も言わない?マクドナルド凋落の本当の理由

マクドナルドの勢いがなくなって久しいですね。
寂しい限りです。

その原因についてメディアがアレコレ言ってたりしますが、なぜみんなズレたことばかり言っているのでしょう?

president.jp

現場では客の回転数を上げ効率性が追求された結果、スタッフの負担が過大となり、笑顏が失われ店内の清掃も行き届かなくなって、客離れに至った。原田体制の後半、日本マクドナルドは求心力を失い、人的資源は大きく劣化してしまったように見える。

こんな感じ。
一見もっともらしいけど、違うでしょ。

やはり落ちぶれてもかつての大手広告主、いや、今でもそれなりにメディアにはお金を落としているハズ。
やっぱり顧客には、本当のことは言いにくいんですかね?


ということで今更ですが私がハッキリいいます。
みんな分ってることなので、私の意見というほどのものではないですが、当のマクドナルドだけが、いつまで経っても気付かないようなので、改めて書き起こす訳です。

結論:マクドナルドの自滅

はい、結論出ました。
結局のところ、自分の強みが分かっていないから、ズレた対策しか打てないってことですね。


正直、マクドナルドに食の安全とか、素材のうまみとか、誰も期待してないですし。
かつて、マクドナルドの肉は食用ミミズの肉だとか犬の肉だとか、まことしやかに囁かれていたものです。
それでも売れまくってた訳ですし。

マクドナルドが他の競合バーガー屋から抜きんでているものは、2つに集約されます。
それは食感とソースです。

実のところ、割と早い段階(売れてた頃)から、あんまり分かってない感じはありましたよね。

マクドナルドの強みの具体的な例

マックフライポテト

f:id:Yama-Hayha:20160612004333p:plain
初期の食感を支え、そして今なお他の追随を許さないポテト界の食感王。
(配送の都合で)一度冷凍することにより、揚げ上がりのサクサク感を極限まで高めた逸品。
油と塩の味しかしないことを全く感じさせない驚異の食感が自慢。

ビッグマック

f:id:Yama-Hayha:20160612004311j:plain
マックフライポテトと並んでマクドナルドの歴史を支え続けるレジェンド。
肉が二枚とかパンにゴマが振ってあるとかはどーでもよくて、味の決め手はソース。
ピクルスが入っていること以外よくわからないけど、一度食べたらやみつきになる。

フィレオフィッシュ

f:id:Yama-Hayha:20160612004317j:plain
ついに出た、ソースと食感を一度に楽しめる究極のバーガー。
フィッシュフライの食感は言うまでもないと思いますが、問題?は(名前だけ)タルタルソース。
一般的なタルタルソースとは一線を画すサワー感?のような何かが癖になります。

ハッシュポテト

f:id:Yama-Hayha:20160612004325p:plain
朝マック限定というポジションにキラリと光る個性。
マックフライポテトとは全く異なる、でも確かに感じるサクサク感。
油と塩の味しかしないだけでなく、内側にタップリしみ込んだ油まで美味いと感じさせる実力派。

チキンマックナゲット

f:id:Yama-Hayha:20160612004329j:plain
究極にして至高、そして最後のザ・マクドナルド。
選べるソースのどちらもが、名前とは全く異なる”謎の何か”であり、高い中毒性があり、絶妙な分量なのです。
しかし、本当の凄さは天ぷらをヒントにしたというナゲット本体。
鳥のクソ肉(ピンクスライム?)を”指でなめるより美味い”絶妙な食感に仕上げたアイデアは天啓といっても過言ではありません。


以上、五品がマクドナルドのマクドナルドたる所以(ゆえん)であり、強みを具現化した商品です。
売れてた頃から次世代を担う商品が生まれていないのが分かると思います。
あとは値段の改定やセット割引など、客がファストフードとして許せる金額かどうかのバランスはあったと思いますが。

次世代を担えなかった惜しい商品

てりやきマックバーガー

f:id:Yama-Hayha:20160612004337j:plain
照焼き風甘辛ソースにマヨネーズの組み合わせでナカナカ侮れない味わいを演出する古参。
ソースに謎めきがなく想像の範囲であること、食感に目新しさがないことで永遠のサブとなってしまった。

グラタンコロッケバーガー

f:id:Yama-Hayha:20160612004321j:plain
キャベツとコロッケの食感が楽しいものの、ソースに何のひねりもないのが残念。
冬季限定のプレミア感だけで何とか生きながらえている。

トマトチキンフィレオ

f:id:Yama-Hayha:20160612004314j:plain
チキンの食感に謎めいたソース、久々のメインストリームを期待した逸品。
最初からチキンの食感が強すぎて、押され気味だったソースをトマトの酸味で支える構成だった…にも関わらず、いつの頃からかトマトを入れないという暴挙にでて潰されてしまった悲劇の若きエース。


激戦であろうファストフード業界の中で、あえてマクドナルドに行く理由はひとつ。
何度食べても美味い、でも謎なソース
それを裏で支えているのが食感であることをお客が意識していようがいまいが。


マクドナルドの再興とトマトチキンフィレオの復活を願ってやまないいちファンからお送りしました!

フライドポテトが揚がった音(マクドナルド編) (着信音)

フライドポテトが揚がった音(マクドナルド編) (着信音)